Make your own free website on Tripod.com

10万円以下で自動車免許を取る方法

 運転免許と言えば、今や18歳になれば取得するのが当たり前のようになってきて、
男女問わず主婦や女子大生なども誰もがもっている免許です。
その免許は、普通の教習所では3ヶ月、また合宿では約20日という短期間で免許が取得できる。
 しかし、免許取得費用は、普通の教習所、合宿制とも約20〜30万円ぐらいかかり、
決して安いものではない。
 そこで、これからの生活に欠かすことのできない運転免許を短期間
および3000円弱という格安で取得する方法を紹介しましょう。

[アメリカでは、短時間・格安で運転免許が取得できる!]

1、アメリカ・カリフォルニアへ行く。
2、パスポ−トを持ってDMVへ行く。
3、その場で10ドル支払い、筆記試験(3択)と実技試験(20〜30分町中を走るだけ)を受ける。

 これで、終わりです。
 免許は、アメリカには住民票がないので、郵便物が届くところであればどこでも送ってくれます。
アメリカに友達がいれば、そこに送ってもらってもいいでしょう。
しかし、この免許では、日本国内で運転できないので、さらにあと10ドルを払い、
国際免許ををもらう。これで、日本国内でも運転OK! 
ただし、国際免許の有効期限は1年なので、毎年更新する必要があるが、
この更新は、日本にいながら郵便で手続き出来るので簡単です。
どうしても毎年の更新が面倒だという人はアメリカに3ヶ月以上住めば、
正式な日本の免許に変更してくれるので、これを利用してください。
これで、短時間しかも格安で運転免許が取得できるのです。
最近は飛行機などの自家用ライセンスをアメリカで取得する人が増えているので、
ついでに車のライセンスも取得してみては。

 最近は格安航空券があるのでかなり安上がりになると思います。
(格安航空券なら飛行機代を入れても10万で足りるでしょう。余るかも)

 

戻る